デモカー仕様からノーマルに戻ったバス

ウチにワーゲンバスがやってきたのは2015年4月。
2年の月日は早いもので車検の時期となりました。

イベントの度にあっちこっちイジくりまわされて原形をとどめなくなった内装を元に戻します。

これが今年のオートサロン仕様。

観音開きのサイドドアにはドーンと46インチのモニターにマーシャル風のスピーカー。

これらをいったん取り払って座席を復元します。

久しぶりに故郷に戻ったサードシート。これはこれで雰囲気いいですね。大勢乗り込んでドライブに出かけたくなります。

フロントテーブルはそのままにしておきます。

フローリングの床張りは、元々はゴムシート引きの味気ないもの。フローリングでムード満点。

3列シートのバスも捨てがたいですが、4月早々に取材が予定されているので、再びデモカー仕様に変身します。

ヴィンテージの星条旗が荷台とぴったりの大きさだったことに今さら気づきました。

-社長日記

© 2021 カーヴィン【公式】