ワーゲンバスのベッド製作(前編)

ワーゲンバスがやってきてから5ヶ月経ちましたが、暑い時期の外作業が辛いので電装系やオーディオ系も作業がスローペースになっています。

そんな中、ワーゲンバスも車中泊に対応できるよう本業の技術を使ってベッド製作にとりかかりました。

ベッドの構想

ウチのバスはDXグレードで3列シート8人乗り仕様になっています。
基本ひとりでしか乗りませんから、2列目3列目を取り払っても困りませんが、いざという時のために2列目シートは残し、3列目を撤去してベッドにすることにしました。
併せてフロアの床貼り施工も行います。

製作開始~フロア施工

まずは座席と固定用のボルト類、フロアおよびエンジンフードのラバーマットなどを全部外します。

IMG_2158

改めてボディコンディションのチェック。大きな腐食はありません。レストアした個体では無いので多少のサビ・汚れはありますが問題ないでしょう。

IMG_2161

このまで裸にしたら各部分を採寸して、フロア板とマット板の形状と寸法を決定していきます。

IMG_2294

サイズ決定したらCADに起こし、弊社の秘密兵器1500マン円のNCルーターにデータと加工命令をインポートします。

IMG_2290

スイスイと合板を成形。

IMG_2165

IMG_2166

フロア板の成型ができあがったら、これを「型」にしてクッションフロア材をカットしておきます。

IMG_2168

できあがったフロア板を敷き詰めて・・・

IMG_2170

セカンドシート固定用のボルト位置もぴったり合いました。

IMG_2171

板が終わったら、カットを済ませておいたクッションフロア材を貼ります。

IMG_2174

この画像ではまだ細かい部分まで施行していない段階ですが、こんな雰囲気になります。

IMG_2175

-ワーゲンバス

© 2021 カーヴィン【公式】