蔵開放行ってきました~日本酒蔵元

いつもこのブログではサーフィンのことやハイエースイベントを
主に書いていますが、今日はぼくのお初の体験を書きます。

ちょっと画像が大きいし、長くなるし、でケータイでご覧になっている方には
ストレスが大きくなると思いますがスミマセン。。
-------------
以前記事にも登場したこともあるサーフ友達の伊藤君ですが、
彼は日本酒の造り酒屋に勤めています。

その彼から新酒をふるまう「蔵開放」に招待されたので行ってきました。

近鉄列車に揺られて西へ向かいます。

降り立ったのは近鉄 富洲原駅。

さて、目的の酒屋さんをiPhoneで検索してみると…

2.1kmの道のりです。タクシーを使えばあっという間でしょうが
天気もいいことですし徒歩で向かうことにします。

2キロといえばだいたい30分くらいかな。

のどかな景色の中を歩くのもたまには良いもんです。
川越町と言えば、あのオグシオ「小椋久美子選手」の出身地であります。

そうこうしているうちに伊藤君の勤め先に到着しました。


           伊藤君お出迎え

いつもはサーフファッションばりばりの伊藤君ですが、
作業服を着ている姿はやっぱり仕事人です。

すでに大勢の人でとても盛り上がっています。
外国人のお客さんもいらっしゃいました。

これが皆さんのお目当てのふるまい酒。
「ワシもくれ!」
「ワシにも飲ませろ!!」

と押しかけ、って そんなことはありません(笑)
みなさん、お行儀良く頂いていました。

次々と新しい酒が注ぎ込まれます!

杜氏さんを紹介してもらいました。日本酒造り職人さんです。 →杜氏とは

新酒の即売もありました。
純米や吟醸、山廃仕込みなどがあります。

全部制覇したいですね!

会場では地元業者さんのお店が出ていていました。

ぼくが目を付けたのは…

大好物ハマグリの蒸しもの。

さらにこの売店ではとても明るくて素敵なお姉さんが
笑顔をふりまいていました。

このお姉さんならハマグリがどんどん売れるっちゅーねん!

今回の蔵開放にお邪魔したのは
(資)早川酒造部
三重県三重郡川越町大字高松829番地
TEL 0593-65-0038

お味はと言うと…

「旨いっ!(*^_^*)」

とても芳醇で香りが良く「お米」の旨みが強く感じられる
美味しいものでした。

いろいろ調べましたが、早川さんWEBサイトを持っていないようです。(もったいない!)
----------------------------------------
(後記)読者の方から早川酒造部さんのサイトを教えていただきました。ありがとうございました。
    早川さん、調査不足で申し訳ありませんm(_ _)m
    早川酒造部ホームページ

----------------------------------------

そんな中、全国のお酒を紹介しているブログを発見しました。

  わが町わが村地酒自慢(モスコミュールさんのブログより)

みなさんも早川酒造の「天一」「天慶」是非お試しください!

-社長日記

© 2021 カーヴィン【公式】