納品サーフ

先日16日の土曜日、いつものサーフポイントへ行きがてら
日頃お世話になっている田原市の「micグローイングサーフ」様へ
ベッドキットの納品に行ってきました。

micの店長・加藤さんは、WQS田原プロ等のメジャー大会でコンテストディレクター
を務めるなど、この地域のサーフィン業界では重鎮という存在です。
COOLで超シブい加藤さんはぼくの憧れです。

納品前なんですが、どうしても気になる「ポイントの様子」。

ロングビーチ、ショボい。
中央寄りインサイドでセット間隔長めのコシハラ。
釣りには良いコンディションなんでしょうかね。
沢山の釣人がいました。

ロコも見てみます。

やっぱりだめぽ。波無さすぎでガラガラですね。
どのポイントもサーファーはヒマそうにしています(爆)

チェックだけしてお店に到着。

スケートランプの前に箱をおろして、しばし加藤さんとサーフィン&お仕事談義。

実は今回、mic様には2台の注文を頂いていて、
別の1台は運送会社便にて今日着くように発送済みです。

なぜ1台は自分で持ち込みしたのかって?

というのも弊社が利用している配送業者が、土日のこの地域は
午前中配送不可となっています。
(正確に言うと絶対ムリと言うことではなく「確約できない」ということですが)

この日、一人のお客様が午前中に引取りに来られるので、
そのために直接納品に伺ったわけです。
もともと自分の波乗りのためにこの前を通るわけですから(笑)

しばらくの後、朝イチのサーフを終えたお客様ご来店。
せっかくなので取付作業をお手伝いします。

あっという間に完了。


お客様さっそく荷物を積みます。

しばらく店舗でぶらぶらしていたら…

時刻10:30
なんと午前配送不可能なはずのもう1台のベッドが到着!? 

なんだ、午前着くのかよ。ぎゃふん。(←死語?)

宅配の時間指定は、今の日本ではとてもポピュラーで、
かなり遠距離地域でも例えば「翌日午前着」というのが
ほぼ当たり前になっていますが、
実際には業者によって「強い地域・弱い地域」があったりします。
また途中の交通事情や気象条件によっても配達は影響されます。
弊社の製品は大型な物が多いので小回りがききにくい分、特に気を遣います。

時々「時間指定の荷物が着かない」というお叱りの電話を
頂いたりします。
当然お客様も受け取りのために、都合のある中家で待機して
いらっしゃるわけですから、その度に弊社も
配送業者に苦情申し立てや改善を強く求めています。

少しでもご指定時間の精度が上がるよう、弊社も取り組んで
おりますので、なにとぞご理解頂けたらと存じます。

納品後のサーフィン

さて、このあとサーフィンに出かけましたが、先ほど紹介したように
あまりナイスなコンディションではありません。

それでもちょっとだけ水に浸かろうと思ってロングビーチへ。

ショボいと思っていた波は、入ってみると意外と良い!

岩場横ではサイズは小さいながらもレフトへ綺麗に切れていく
形・フェイス共に良い波で、波打ち際まで十分保っているので
逆に言えば、小さい波を丁寧に乗り継いでいくアクションの
練習にもなりました。

しかも一見ショボ波だからか、段々と人が居なくなり
12時~13時にかけて岩場横はぼくを含めてたった2人。
全体を見渡しても10人未満という状態。

土曜日のお昼にこんな乗り放題で楽しめるのだから、
やっぱり海は入ってみないとわかんないよね。

この後も十分堪能して帰路につきました(^-^)

-----------------

加藤店長、そして弊社ベッドをご指名してくださったお客様
本日はどうもありがとうございました!

-社長日記

© 2021 カーヴィン【公式】