今日はライセンスランプのLED化。フルLED化計画の大詰めです。

ワーゲンバスのライセンスランプに使用しているバルブはG18。ウインカーなどに使われているS25とは口金は同じですが、電球部分が小ぶりです。

実際ワーゲンバスのライセンスランプが格納されているところはスペースがとてもタイトで、S25バルブは入りません。

そこでG18相当のLEDバルブを探すんですが、S25タイプと比べるとぐっと少なくなります。特に電球色となるとなかなか見つかりません。
なんとかAmazonで見つけたのがこれ。電球の部分が小ぶりでワーゲンバスにも使えそうです。


これを選んだ理由は、LEDチップが半透明のカバーで覆われていること。
今までウインカーなどに使ってきたLEDバルブはチップが露出していましたが、こういうタイプはチップ一つ一つの光が強いため、ライセンスランプに使用した場合光りムラやグレアが発生し、見栄えが悪くなる恐れがあります。

その点、このバルブは半透明のカバーが光を柔らかくして照らしてくれそうです。あとは色味がどうか?ですね。

バルブの比較。


左がLED、右が電球。

さっそく交換です。


バルブホルダーを外し・・・


LEDに取り替え。

点灯してみます。


うん、色味は良い感じです。


ホルダーを戻してライセンスランプを下からのぞいてみます。うまく収まりました。

さて照らし具合はどうでしょう?


すばらしい!光の柔らかさもバッチリ。色味も電球色をよく再現しています。
後続の車からは、このライセンスランプがLEDとは気付かないでしょう。

これでワーゲンバスのランプ類はLED化が「ほぼ」完了しました。

 

==================
CARVIN公式サイト・公式ストア
カーヴィン公式Facebookページ
カーヴィン公式Instagram
カーヴィンダイレクト楽天市場店
カーヴィンダイレクトYahooショッピング店

ライセンスランプをLED化 -ワーゲンバス

投稿ナビゲーション