カタログ号データ、出稿完了

もうすぐ、マリン企画「サーファーズメガカタログ」とエイ出版社「SurfStyle」の
2大カタログ号が出版されます。

これは昨年のカタログ号

ハイシーズン前のこの時期、サーフギアメーカーの新モデルや
販売の主力となる製品などが一堂に集まる集大成のカタログです。

なんたって、サーファーなら書店やコンビニで一度は手にするメジャーな本です。
各メーカー、気合いが入ります。

カーヴィンも毎年掲載していますが、掲載は「タダ」ではありません。
それなりの金額が発生する「広告」と同じ扱いです。
毎年この時期はイベント費用や広告費用などの出費が重なるのがイタいです。

さて昨夜遅く完成した広告の下刷りです。

サーフボードやウエット、小物類は、出版社に商品を送って
向うで撮影してもらうのが一般的ですが、弊社のアイテムは
車両に装着した状態で「ナンボ」のものです。

ハイエースのベッドだけを撮影しても「?」となりますから
全てこちらで画像を用意します。

下刷りはそのまま載るわけではありません。
カタログ号には各ページ共通したフォーマットがあるので、
ウチから送ったデータを元にレイアウトや編集をしてもらいます。
そのためのレイアウトの参考にしてもらう下刷りです。

ところで、
普段のレギュラー広告は全て自分で製作・データ入稿しています。
長年データ制作をしていると、商業印刷の知識が身についてきます。

皆さん、ご存じですか?
パソコンなどから印刷するWordやExcelのデータは印刷業界では使えません。
我々が目にするあらゆる印刷物は業界専用のアプリケーションと
データの規格で作られています。

自分が意図したデザインやレイアウトで印刷してもらうには
印刷に適した画像処理の知識やフォントの扱いに関する
深い知識が必要です。

今では商業印刷においてもWindowsで制作したデータが入稿できる
ようになってきましたが当時はMacデータでの入稿が常識であったため、
カーヴィンのスタートと同時にMacG4とIllustrator8.0などを買いました。
(実は当時でもWinデータで問題は無かった。ただMacが触りたかっただけ
 という噂もある)

ぼくの本業はもちろんハイエースのベッド製作ですが、自分で
広告データを制作しているうちに、印刷業界やデザイン業界でも仕事
できる知識と技術が身についちゃいました。

路頭に迷うことがあったら門を叩いてみようっと(爆)

手元には過去掲載してきた本が残っています。
これは2001年のSurfStyle。

2000年6月に初めてハイエースベッドをリリースしたわけですから、
これは弊社にとって最初のカタログ号ですね。

中を覗いてみます。

商品、少なっ!^_^;
当時は100系ハイエース用で、ベッドとシートバックマット(すでにこの時には
リリースしていたんですね、自分でもびっくりしました)、およびベッドエンドに付け足す
木目パネルの計3アイテムしかありません。
しかも木目パネルは「アイテム」と呼べるかどうか…

こんな形でスタートしていたんだ、と感慨深くなります。
旧ロゴマークも懐かしいです。

パラパラと他のページを見てみましたが、当時はサーフボード、
ウエットスーツ、スケボー、ウエア類などサーフィンに直結した
アイテムの掲載のみで、サーフィンに直結しない、車用の商品掲載は
弊社が初めてだったと思います。
(厳密に言えばサーフィンと車は絶対切り離せない関係なんですけどね)

弊社のベッドやアイテムは、最近流行りのハイエースムック本にも
採り上げて頂くことが多くて、大変有り難いことですが、
ぼくにとってカーヴィンは車のパーツでは無く、あくまでも
「サーフギア」として見てもらえるよう造り続けているつもりです。

この姿勢は2000年のカーヴィンブランドスタート時から変わっていません。
一人でも多くハイエースにお乗りのサーファーに使って頂けたら
いちサーファーとして本望です。

3月のメガカタログ、SurfStyleの発売の折にはどうか手にとってご覧ください。

-社長日記

© 2022 カーヴィン【公式】