アキレス腱断裂 2週目

さて今日はアキレス腱断裂から2週目の診察日です。
あらかじめ、ギプスカットとレントゲン撮りがあると言われていました。

ブログ用に写真を撮っても良いかと伺いましたが、
「いいけど、そんなこという人は初めてだ」と驚かれました。
どうもすみません。

まずはギプスカット。

カットする場所に赤い線を引きます。


これがカッター。
超音波振動でカットしていくのだそうです。
刃先がとてもちっちゃい。

うわさで聞く丸い円盤状のカッターとは形が全然違います。


刃先拡大

カットする部分はナイフ状になっていますが、
先端は丸くなっているので万が一皮膚に触れても
安全なのだそうです。

丸刃カッターでは「皮膚も切ってしまわないか不安」という
話も見聞きしましたが、なにしろ刃先が短い(1cmくらいか)
ので、全然不安感はありません。


この超音波カッター、カチカチのギプスを「サクー」と
面白いように切っていきます。

カットし終わったら、これまた専用工具で開けます。

今度は反対側。

パカッと取れました。


14日ぶりにご対面!


「ほら、持ってみる?」と、技師の先生。ずいぶん気さくです。

さて脚が露出した時の感想は怖かった!

何が怖かったか?
怪我した部分ではありません。
たった2週間ですがギプスと共に生活していると、
だんだん体の一部に感じられるんですね。

そのギプスが取り払われると、体の中身が露出してしまったような、
そんな不安感に襲われます。

場所が変わってレントゲン室へ。

想像していたほど細くなっていませんでした。

このときも心の中で「大事に扱ってくださいよぅ(´Д`|||)」と
叫んでおりました。

さて診察はレントゲンと触診で行われましたが
「経過は良好」だそうです。
レントゲン画像で見るアキレス腱はちょん切れた様子もなく
シロートのぼくでも綺麗につながっているように見えました。

まずは一安心(´∀`)


ギプスを巻かれる直前。
再び自分の脚とお別れです。

巻き直し完了。

アキレス腱の治療は、最初伸ばした状態の足首を
概ね2週間ごとに角度を変えて(直角に近づけて)
いくようにギプスのまき直しをします。

「今回のギプスは最小限だからね」とのことでしたが、
つま先部分も露出し、巻も少ないのか自分の脚が細くなったのか
前回のギプスよりずいぶんスリムになりました。

また、ヒールも履かせてもらったので歩行が少し
楽になりましたね。

つま先をなるべく動かすように、とのアドバイスも
いただきました。

しかし、

サーフィンできるのはいつになるんだろう?

まだまだ先は長いです。

-社長日記

© 2022 カーヴィン【公式】