機械のオーバーホール、とりあえず動作確保までは完了

今日は日曜日を返上して機械オーバーホール作業の続きをやりました。

朝から夕方までかかって全ての電線を取り替え、動作を確認。結線は慎重に行ったので問題ないはず。
と思いきやトラブル発生。
この機械はまず右からチップソーが出てきて部材をカット、そしてチップソーが後退。その後左のチップソーが出てカット、そしてまた後退するという動き。
ところが右は正常に出て後退するものの、左が出たのち後退しない状態に。

この症状は後退するタイミングを制御するリミットスイッチが機能しない、もしくは断線しているという診断。しかしリミットスイッチは新品に交換したし、結線も間違いなく行った。
配線図ともにらめっこで結線を確認するがやっぱり間違いない。

うーん、どうしよう(汗)と頭をかかえていたら、何度かトライするうちに自然と復旧した。どうやら復旧する一回目で制御リレーが「ジジジジ」とうなってたからリレーも寿命が近いかもしれない。


とりあえず配線を綺麗に束ねて、完了とします。


新しい電線は気持ちいいね。


これが古い電線たち。ものすごくコチコチで、まるで動脈硬化した血管のようだ。


ようやくゴミも片付けできる。
明日以降は集塵対策に入ります。

-社長日記

© 2021 カーヴィン【公式】