我慢できずに・その2 腹ばいサーフ

さる7月27日~8月2日、田原赤羽根海岸にて
世界ロングボード選手権が行われたので
最終日、友人と見に行ってきました。
ASP ロングボードニュース

ただし木曜日にファイナルは終了しているので
土日はエキシビジョンとなります。

前日入りして、車内で酒盛りです。

夜中は豪雨だったので、天気が心配でしたが
コンテストが始まるころには、晴れ間も見られました。

大陽に綺麗な笠が…

エキシビジョンは、11人の選手による
ノーズライド・マニューバコンテストでしたが、

しかしまぁ、トップ選手の見事なライディングと言ったら!

まるでショートボードのように、リッピングやらエアやら、
決めまくりです!

メインのコンテストはハーレー・イングルビー選手(オーストラリア)が
優勝を決めました。

詳細はこちら

会場では、選手の使用ボードを即売していました。
ショートボードの大会では見たこと無い光景ですが、
ロングボードは大きい分、持って帰るのも大変ということでしょうか。

でもあこがれの選手のボードが手にはいるなら、コレクションとしては
最高ですね。

さて、大会も終わって今度は自分のサーフィンです。
と言ってもまだ腹ばいですが。

ロングビーチに移動してスタンバイ。

今日も腹ばい前提のサーフィンですが、今日はコツを掴んで
かなり楽しめました。

前回の日記で、立ち上がらないと「ホレ波」で巻かれる、と書きました。

前回、板が滑り出してもそのままの姿勢で滑っていましたが
これではダメなんです。
すぐにテールを持ち上げられて巻かれますが、今回はやり方を変えました。

その答えは簡単!

たとえ立たなくても、板が滑り出したら
いつものテイクオフのように
しっかり上体を起こせばいいんですね。

そう、テイクオフの足を出す寸前という姿勢で。
考えてみれば当たり前のことですが、

これで前回よりずいぶん楽しめました。

アキレス腱切った方は是非お試しください(爆)

歩くこともかなり負担にならなくなったので
海から上がったら、久々のビーチクリーンです。

花火の残骸を見つけました。
弁当のパッケージやたばこの吸殻などと同じで
「わざと捨てていったゴミ」はとても残念でなりません(>_<)

向こうにいる人と花火ゴミは無関係です。


中国のものと思われるジュースのパック。
太平洋側で見るのは珍しいです。


今回、袋2つ分拾いました。
写真に写るときの習性で笑っているぼくですが、ほんとは
笑ってる場合ではありません。

今日は長時間海にいるわりには、水中は2時間ソコソコで帰路につきます。

今日訪れたのは、地元に近い弥富市に最近出来たインド料理屋さん「サプナ」

ほとんどのスタッフがインドの人という本格派。

猛烈にハラが減って、ガッツいていたため、料理の写真を
収めるのを忘れました。

ここは、もう一度きちんと紹介します。お楽しみに!

インド料理専門店 サプナ

〒498-0017 愛知県弥富市前ヶ須町午新田656
TEL 0567-67-1375

-社長日記

© 2021 カーヴィン【公式】