ワーゲンバス、初めてサーフィンに行く

ワーゲンベッドのデビュー

先日ワーゲンバスのベッドが完成してから使用するチャンスを狙っていたところ、サーフ友達から初めてのグループでの飲み会お誘い。
今回の飲み会は名古屋では無く、サーフポイント近くの居酒屋が会場。
でもって居酒屋の駐車場を拝借して車中泊に使って良いとのお言葉を頂いているとか。

これはちょうどいいタイミングだ。
折しも「ワーゲン、いっぺん海に乗ってきてよ」とリクエストもあったし、今回はワーゲンの車中泊体験とお披露目を兼ねて、初めてのサーフドライブに繰り出したのでした。
宴会スタートは19時半。この日は台風が近づいているため海はクローズ。なのでサーフィンは諦め午後に出発することに。
余裕を見て15時にスタートしました。早く着いたら向こうでのんびりしてれば良いし。

暑さに耐えながら

走り出してすぐプチ後悔しましたよ。ええ、暑いんです。
ウチのバスには後付けクーラーが装備されています。結構冷えます。でも使ってないんです。

空冷ワーゲンは夏の暑さに弱いのは多くの人が知ることです。エンジンのオーバーヒートが心配だよね。
なにせ48年前の車です。プアな電装系とか不安要素はいっぱいです。
この日もとても暑い日でしかも気温ピークの時間帯に走るから、これまで経験がない長距離をクーラーぶん回して走るのはためらいがあります。
そんなわけで、クーラー使用は止めて窓という窓、全開で向かいました。

サバイバルなドライブ

いかん!暑すぎる。車内に入る風も熱い! いや、そもそもトラックに囲まれた国道上では風じゃなくて排気ガスなのだ。
このままでは脱水症状を起こしそうだ! 23号バイパスに乗ってしまうと途中の水分補給が出来なくなってしまう。
バイパス手前の最後のコンビニで生命維持のためのお茶と缶コーヒーを補給しました。

image1

このワーゲンバスは巡航速度はせいぜい60km/h程度です。それ以上飛ばすのはエンジンが苦しそうで可哀相。
2車線、3車線では他の車に迷惑かけないよう一番左側を走行。ぼくの右側を自動車がびゅんびゅん追い抜いていく。

片側1車線になってしまう区間になると、ぼくの前はガラガラ、後ろに自動車が数珠つなぎという状態に。
みなさん、遅くてすみません。

飲み会

そんなサバイバルの様相で会場の田原市・居酒屋「松ちゃん」に19時ちょっと過ぎ、ようやく到着。ほんとうに「ようやく」。
ハイエースなら2時間~2時間半で済む距離、まさか4時間以上かかるとは思わなかった。

mattyan

今回の飲み会は、初めて参加するグループなので初にお目に掛かる人が大勢。
でも共通の話がサーフィンだから垣根なんて全然ないね。
カーヴィンのベッドを使って頂いてる人にもお会いできたし。すごく感謝!!

image2-RE

この歳(この時点で51才)になって新しい友達ができるってすごく新鮮な気持ち。

image3-RE

夜中まで飲み続けて盛り上がり続けて、お開きが恨めしい(笑)
とても楽しい集まりに誘って頂いて、お世話になった河原さんどうもありがとうございました。
また次も、ずっとこれからも参加します(^O^)

ワーゲン、モテモテ

宴会もお開きとなって店外に出る。さあそこからまた大盛り上がり。
我がワーゲンに群がってしばらく写真撮影や車談義に花が咲きました。
とくに女子のみなさんのテンションがすごい!「可愛い」「可愛い~」とモテモテ。
IMG_4921

 

IMG_4924

 

IMG_4919-2

女性陣はワーゲンのルックスやレトロなパーツ類に「可愛い」と盛り上がりますが、男性陣はやっぱりエンジンなどメカニカルな部分に興味津々。
ライトで照らしながら機構を探ったり、下回りをのぞき込んだり。
女性と男性ではこうも違うんだなぁと改めて男女の違いを見た思いです。
IMG_4927

みんなサーファーだからというのもあるけど、このワーゲンバスでの盛り上がりっぷりはハンパ無かったです。
バスやビートルなど、50年60年も前の車がこんなに注目され愛されるプロダクトというのは、まさに「モンスター」ですね。
こんな車や製品が生まれることはそうそう無いでしょう。本当にフォルクスワーゲンというメーカーはすごい自動車を作ったものです。

車中泊

いったいワーゲンの周りでどのくらいの時間が流れたでしょうか。
お開きでお別れするのも名残惜しい。そんな感じでかなり時間も経ちやがて本当にお開き。
めいめいお帰りになったり自分の車にもぐり込んだり。

ぼくも作ったばかりのベッドにサーフボードと共に横たわりました。
車中泊と言っても、時期的に布団も要らずただ寝転がるだけです。「蚊」対策で窓を閉め切りましたが、夜になって気温が下がったためか意外と涼しい。
駐車場にあったネオン灯特有のオレンジ色の明かりがちょっとまぶしかったですが、じきに寝入っていました。

IMG_4930-2

翌朝

前夜は結構飲んだもののスッキリとした寝覚め。海は相変わらずクローズ状態ですが、波浪を避けられる港ポイントに移動。

ここで、やってみたかった撮影。ボードと一緒にパチリ。やっぱりワーゲンバスとサーフボードって似合いますね。

IMG_4937

サーフィンのあとはパームツリーが映えるロングビーチポイントへ。

IMG_4942

パームツリーとの組合せも良いですね~。空が曇っていたのでどんよりとした画はちょっぴり残念。

IMG_4946

ビーチで流木を拾う。最近凝ってる流木集め。

image1

今日は入れ物を持ってこなかったので、これだけ。でもいい形のものが見つかった。

image2

帰路のドライブへ

飲み会、サーフィン、海上がりの仲間と昼食もとり、そんな楽しい時間は過ぎていきやがて帰るお時間に。
また暑い中をドライブですよ。
途中大好きなニューオリンズカフェに寄ってみましたが、相変わらず待ち時間ありの激混み。
冷たいコーヒーは断念して、せめてもお店の外観を背景に写真を撮る。
これ倉庫側、本当は店舗をバックにしたかったけど駐車場も満車なため無理でした。いつか撮影したいな。

IMG_4963

帰りもペットボトルを買い込み水分対策しながらトコトコ走りました。
帰りは往路よりもちょっと時間短縮できて3時間半ほどで家に到着。

今回、暑いさなかに往復200kmを越えるドライブはそれなりに根性を必要としましたが、みんなにモテモテで、駐車していても走っていても写真を撮られたりしてゴキゲンなドライブを楽しめたワーゲン初サーフドライブでした。

PS 次回はもう少し涼しくなってからにしよう(^_^;)

-サーフィン, 社長日記

© 2021 カーヴィン【公式】