着々と進めているワーゲンバスのLED化。今回はルームランプ編。

ブログではお知らせしてなかったですが、実はルームランプはかなり以前に白色LEDに交換していました。
それが下の画像ですが、フィラメント電球からLEDに替えた当初は猛烈に明るくなった室内に喜んでいたもんです。


こんな感じ。
まるで自宅の蛍光灯の下にいるみたいに、とにかく明るくて本でもラクラク読めちゃうくらいです。


でも慣れてくると、白色LEDのクールな感じがワーゲンバスにそぐわないと思い始めました。

そこで、電球色LEDに替える計画を立てました。


上の画像がLEDバルブ。
ワーゲンバスのルームランプは「T10×37」という規格。
上段が白色LED、下段が電球色LEDです。チップの数が半分になりますが、明るさ的にはどうなるんでしょう?

 


これが電球色LEDインストール後。いつものように、露出のオーバーフローを防ぐためにかなりアンダーで撮影してます。

これが室内の見え具合です。デジカメでの色再現が微妙ですが、肉眼では結構いい雰囲気です。
色の具合から、読書は辛くなりそうですが明るさは十分です。実際読書なんてしないし。

完全LED化まであと一息。

 

保存

==================
CARVIN公式サイト・公式ストア
カーヴィン公式Facebookページ
カーヴィン公式Instagram
カーヴィンダイレクト楽天市場店
カーヴィンダイレクトYahooショッピング店

ルームランプのLED、白色から電球色に変更 -ワーゲンバス

投稿ナビゲーション